ヘビーニアグランプリ

ヘビーニアグランプリはマイルズ・ワンダーランドが自動車を元に常に飛行しているSディフューザーシステムの最初の反重力滑空マシンAAG-1を生み出し、テスト飛行でわずか17秒で20,000km/hをマークしたことが誕生のきっかけとなった。当初はヘビーニア・イントロダクションGPのみだった。周回数は全て78周(最終戦のみ500周)。コーナー数は全て10~12コーナー。ただし、AHN1年からAHN15年までは第一次ヘビーニア大戦の影響により開催されなかったが、AHN16年で再開した。AHN621年からAHN635年まで第二次ヘビーニア大戦の影響により中止されたが、AHN636年で再開された。2月の最終週から11月の最終週まで開催される。

 

カテゴリー紹介

 

ヘビーニア・マキシマムGP(Heavy-Near Maximum GP)

地球のフォーミュラカーレースのF1に相当する、全宇宙最高峰のヘビーニアGPカテゴリー。開催領域はヘビーニアユニバース全域。ヘビーニアGP生誕500周年を記念し、レースのスペックを限界まで向上させた43台同時走行かつ全36戦の年間シーズン、流星の如くとんでもない速さを誇る最高速度マッハ20と言う史上最大規模のレース大会。BHN1838年(紀元前276年)に第1回が開催され、同時にハーピーズ480による大会イメージソング「STARLIGHT SPEEDWAY」が披露された。年齢制限は人間年齢10歳。身長制限は140cm以上。

マシン全長30000mm、マシン全幅10800mm、マシン全高5700mm、マシン総重量138,240kg、マシンエンジン最高出力28,671,564馬力、マシンエンジン最高回転数35,000回転、サーキット全幅144m、マシン平均最高速度30,000km/h、出場台数43台、年間シーズンで全36戦。マキシマムハイブリッドスパイラルエアロロケットエンジン搭載。サーキット全長最大567km891m。メインストレート全長最大173km375m。上空30,000mにサーキットを建造。

 

ヘビーニア・テラウルトラソニックGP(Heavy-Near Tera Ultrasonic GP)

地球のフォーミュラカーレースのスーパーフォーミュラに相当する。開催領域は各超銀河全体。マイルズ・ワンダーランドが衝撃波による問題を全て解決し、本格的にスペックを向上させたことで誕生。BHN1948年(紀元前386年)に第1回が開催された。年齢制限は人間年齢9歳。身長制限は135cm以上。

マシン全長29000mm、マシン全幅10440mm、マシン全高5510mm、マシン総重量124,872kg、マシンエンジン最高出力24,604,034馬力、マシンエンジン最高回転数35,000回転、サーキット全幅139.2m、マシンギア数4速、マシン平均最高速度28,500km/h、出場台数42台、年間シーズンで全35戦。メガウルトラハイブリッドスパイラルエアロロケットエンジン搭載。サーキット全長最大539km497m。メインストレート全長最大164km707m。上空29,000mにサーキットを建造。

 

ヘビーニア・ギガウルトラソニックGP(Heavy-Near Giga Ultrasonic GP)

地球のフォーミュラカーレースのF3に相当する。開催領域は各超銀河の北部、東部、西部、南部。マイルズ・ワンダーランドがトランソニックGPで1225km/hを超えてもソニックブームによる事故を起こさないように発生を抑えることを目標にスペックを向上させた上、衝撃波を防ぐ観客席前の透明バリアの強度を増加させた。年齢制限は人間年齢8歳。身長制限は130cm以上。そのためBHN2046年(紀元前484年)に第1回が開催された。

マシン全長28000mm、マシン全幅10080mm、マシン全高5320mm、マシン総重量112,395kg、マシンエンジン最高出力20,980,081馬力、マシンエンジン最高回転数35,000回転、サーキット全幅134.4m、マシンギア数4速、マシン平均最高速度27,000km/h、出場台数41台、年間シーズンで全34戦。ウルトラハイブリッドスパイラルエアロロケットエンジン搭載。サーキット全長最大511km102m。メインストレート全長最大156km038m。上空28,000mにサーキットを建造。

 

ヘビーニア・メガウルトラソニックGP(Heavy-Near Mega Ultrasonic GP)

地球のフォーミュラカーレースのF4に相当する。開催領域は各星座星域全体。マイルズ・ワンダーランドがさらなる上位カテゴリーを求む人々が増えたことを知り、「レースは20000km/hの領域へ。」と言うキャッチコピーを作り、マシンスペックやコース全長が大型化し、BHN2145年(紀元前583年)に第1回が開催された。年齢制限は人間年齢7歳。身長制限は124cm以上。

マシン全長27000mm、マシン全幅9720mm、マシン全高5130mm、マシン総重量100,777kg、マシンエンジン最高出力17,766,342馬力、マシンエンジン最高回転数35,000回転、サーキット全幅129.6m、マシンギア数4速、マシン平均最高速度25,500km/h、出場台数40台、年間シーズンで全33戦。ハイパーハイブリッドスパイラルエアロロケットエンジン搭載。サーキット全長最大482km708m。メインストレート全長最大147km369m。上空27,000mにサーキットを建造。

 

ヘビーニア・ウルトラソニックGP(Heavy-Near Ultrasonic GP)

地球のフォーミュラカーレースのスーパーFJに相当する。開催領域は惑星全体。マイルズ・ワンダーランド社長が上位カテゴリーの導入、レースのスペック向上や空中サーキット全長の大型化を目標としてBHN2241年(紀元前679年)に第1回が開催され、それと同時にヘビーニアGPはヘビーニア・イントロダクションGPに改名された。年齢制限は人間年齢6歳。身長制限は117cm以上。マシン全長26000mm、マシン全幅9360mm、マシン全高4940mm、マシン総重量89,990kg、マシンエンジン最高出力14,931,447馬力、マシンエンジン最高回転数35000回転、サーキット全幅124.8m、マシンギア数4速、マシン平均最高速度24,000km/h、出場台数39台、年間シーズンで全32戦。スーパーハイブリッドスパイラルエアロロケットエンジン搭載。サーキット全長最大454km313m。メインストレート全長最大138km700m。上空26,000mにサーキットを建造。

 

ヘビーニア・イントロダクションGP(Heavy-Near Introduction GP)

地球のフォーミュラカーレースのレーシングカートに相当する、ヘビーニアグランプリ誕生当時からある入門カテゴリー。開催領域は惑星の各大州。第1回開催時はBHN2338年(紀元前776年)。年齢制限は人間年齢5歳。身長制限は110cm以上。

マシン全長25000mm、マシン全幅9000mm、マシン全高4750mm、マシン総重量80,000kg、マシンエンジン最高出力12,444,255馬力、マシンエンジン最高回転数35,000回転、サーキット全幅120m、マシンギア数4速、マシン平均最高速度22,500km/h、出場台数38台、年間シーズンで全31戦。ハイブリッドスパイラルエアロロケットエンジン搭載。サーキット全長最大425km918m。メインストレート全長最大130km031m。上空25,000mにサーキットを建造。

 

著名的なヘビーニアGPレーサー達

 

スティーブン・ユレク(Steven Yurek)

主な出場カテゴリー:イントロダクションGP(BHN 2338~2242)、ハイパーソニックGP(BHN 2241~2146)、メガハイパーソニックGP(BHN 2145~1798)、ギガハイパーソニックGP(BHN 1797~1198)、テラハイパーソニックGP(BHN 1197~BHN 598)、マキシマムGP(BHN 597~現在)

マキシマムGP年間チャンピオン獲得数:(AHN 18, AHN 24, AHN 31, AHN 41, AHN 50, AHN 58, AHN 67)

スズキ・ケン(Suzuki Ken)

ケンジ・パトリック(Kenji Patrick)

ジョニー・ウェイン(Johnny Wayne)

ピエール・レイモンド(Pierre Raymond)

レナード・ミラー(Leonard Miller)

ジョシュ・マッカートニー(Josh McCartney)

サイトウ・ハヤト(Saito Hayato)

ブラッド・カーン(Brad Kahn)